カッセルのドイツ人問題について

1831年の暮れ、ショパンが親友に宛てた手紙に書かれたカッセルのドイツ人とは誰なのか。シューマンの「諸君、帽子をとりたまえ、天才だ」という有名な言葉と共に語られるこの件について、誤解された部分も含めて検証します。

カッセルのドイツ人問題について


ショパン展について

1999年、2003年のショパン展に行った感想と共に、過去日本で開催されたショパン展の図録を紹介。

ショパン展について


カミンスキ教授の公開講

第15回ショパンコンクールから正式にオフィシャルスコアとして採用の決まったエキエル版こと新ナショナル・エディションについて、監修者の1人、カミンスキ教授による公開講座が2004年東京・銀座で開催されました。その講座の内容をまとめた記事です。

カミンスキ教授の公開講パヴェウ・カミンスキ公開講座


『弟子から見たショパン』の作り方

数あるショパン研究本の中でも最も評価の高いエーゲルディンゲル教授の『弟子から見たショパン』。長らく絶版状態が続いていましたが、2005年にようやく増補・改訂版として再販されました。内容を検証し、この稀代の名著を他の書籍から補完できないかというおふざけ企画。

『弟子から見たショパン』の作り方


日本ショパン協会主催ショパン ピアノコンクール

2005年に日本ショパン協会主催で開催された日本初のショパン・コンクールについて、本選を聴いてのコラムです。

日本ショパン協会主催ショパン ピアノコンクール


第15回ショパン国際ピアノコンクール・雑感

ブレハッチというスターを生んだ2005年ショパン・コンクール。ショパコン初の本格的なネット中継も大きな話題となりました。アジア勢の躍進の秘密を他国の音楽事情と共に分析してみます。

第15回ショパン国際ピアノコンクール・雑感

Content

このサイトについて
ピアノの詩人ショパンの文献目録です。ショパンに関する書籍を著者名、出版社名、発行日、ページ数とまとめて紹介しています。また海外の珍しい古書や楽譜なども紹介しています。